スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
老犬の老いを見つめて
朝、まーさんを送って家に戻り、TVをつけたらついつい見てしまった。

NHKの「生活ほっとモーニング」の今日のテーマは「老犬の老いを見つめて」だった。


番組の中で、ヘルニアの手術で後ろ足に麻痺が残りあるけなくなったラブちゃんがいた。
しばらくは車椅子をつかって前足だけで歩いていたが、訓練士さんに相談したら車椅子に乗ってる後ろ足の姿勢が悪いことを指摘されて、車椅子を改造したら、後ろ足が前あしの動きを真似するようになり、とうとう自力で歩けるまでになっていた。

もう一方のラブちゃんは、病気が元で寝たきりになったけど、家族の愛につつまれてうれしそうな顔をしていた。
乳母車をつくってもらい、外の散歩もしていた。


飼い主それぞれのワンに対する愛情が伝わってきた。



この中で、老犬トレーニングがあった。

●年を取ると、後ろ足から弱ってくるので、「バック」で歩く練習をするとよい。
(普段つかわれない後ろ足の筋肉が使われるのでいいらしい)
●犬は嗅覚でものを認識するので、少しのフードでも満足するように、カゴの中に少しのフードを入れ、その上に数個のテニスボールを入れて、狩りを味わうようにしながらフードを食べる訓練をするとよい。


朝から座り込んでテレビをみてしまった。
【2007/06/20 14:56】 | 日々の暮らし | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。