スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
フィラリアの薬をもらいに
050508a.jpg
行ける時に行っておかないと、急に思い立ち病院に連れて行きました。
ワンコを置いていってもよかったんだけど、散歩もかねてと歩いて片道25分行ってきました。

月曜日だということをすっかり忘れていて、病院に着いたらMダックス2匹・シェルティー2匹・MIXと順番を待っていた。
外にMダックス2匹・シェルティー2匹と待ってていっせいに吠えられてしまったアポロ、興奮モードに突入です。
ティナは病院の道がだんだんわかってきて、坂を上った真ん中あたりから歩かなくなったので抱っこで震えてる。
外にも置いて置けないし、待合室に入って待つことに。
MIXはおりこうにフセでステイしてたが唸っていた。
診察の順番を待ってるワンはフィラリアの検査か薬をもらいに来てるようだった。
アポロはフセでステイしててまーまーおりこう、ティナは抱っこでブルブル。



MIXワンが診察室に入ったのでやっと椅子に座ることができたので移動、アポロは私の足の下でステイ。
ぼーっとしていたらMIXの診察が終わって私の隣に座ってきたオヤジ・・・なにを言うかと思ったら「ハナちゃん、おとなしくなるように噛んでもらえ」
なにおーーーこのオヤジ!!
「噛みませんから、無駄には」と言い返した。
それから話しは進みません、ですからーーーー、残念!!

やっと呼ばれて診察室に入り、血液検査をした結果を聞いた。
アポロはまずまず、去年と比べて変わった点と言えば中性脂肪がちょこっと高くなったこと?
ティナの結果を見て仰天!!
アルカリフォスファターゼが飛び抜けて923IU/L(正常値20~150IU/L)
血糖もグーンと伸びて135mg/dl(60~110mg/dl)

先生いわく「成長期によくあることなので様子を見ましょう」とのこと、本当に大丈夫なのねーーー。

2ワン分のフィラリアの薬8ヶ月分をいただいて帰ってきました。
お会計は・・・諭吉さんが2枚と英世さんが1枚飛びました。
【2005/05/09 16:54】 | 病気・病院 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。